具体的な活用法

パソコン間の共有

デュプリケーターとその活用について

デュプリケーターは、CDやDVD、ブルーレイディスクなどのメディアに対して同時に複数枚数のコピーを作成するための機器である。 最近では、ディスクの価格低下や大容量化などにより、動画などのデータを格納して、提供するサービスも増えている。これらのサービスを提供する場合、数枚程度のコピーであれば、パソコンなどを利用して容易にコピーを作成することができる。しかし、業務利用などで数十枚や数百枚といった単位でコピーを作成する場合には、パソコンによる1枚ずつのコピーでは時間がかかり過ぎる。 そのような際に、デュプリケーターの活用は利便性が高いものとなっている。以前では、CDやDVDが主流であったが、最近では記憶容量が大きいブルーレイディスクが使用されるケースが増えている。

デュプリケーターの利用においては、いくつかのポイントとなることがある。まずは、製品により対象となるメディアが異なるということがある。デュプリケーターでは、DVDに対応したものやブルーレイディスクに対応するものなど、対応メディアが異なるケースがある。その為、利用用途を検討し、それに応じた機器の導入が重要になる。 また、同時に書き込みできる枚数も機器により異なってくる。より多くの枚数のコピーを作成したい場合には、多くの枚数に対応した機器を導入する方が効率が良くなる。しかし、多くの枚数に同時に書き込みできる製品ほど、価格が高くなる傾向があるため、どの程度のコピー作成が必要になるかを検討した上での導入もポイントになる。