仕組みやメリット

並んだサーバー

USBメモリのセキュリティの仕組み

USBメモリは、書き換え可能なデバイスの中で持ち運びが容易で、かつ安価に利用することができるものとして、現在ではフロッピーなどの磁気ディスクなどに代わり広く利用されています。 一方でUSBメモリは単なる記録装置としての機能しかない場合には、外部からの脅威に対しては脆弱です。そのため、セキュリティ対策がされたUSBメモリが登場しています。 セキュリティ対策がされたUSBメモリの仕組みとしては2種類あり、1つはコンピューターウイルス対策が施されたものと、もう1つがデータを暗号化するものです。データを暗号化するものでは、専用の管理ソフトを使わなければ、データの読み込みが出来ないようになっており、情報漏えいを防止するのに役立てることができます。

対策することで得られるメリット

USBメモリにセキュリティ対策を施すメリットは、第一にその脅威からパソコンなどの情報端末を守ってくれるという点です。特に情報を意図的に漏えいさせるコンピューターウイルスの感染が防止することができれば、組織内のネットワークの脆弱性をカバーすることができます。またコンピューターウイルスの媒介源とならないため、周辺のパソコンへの感染を防止することができます。また暗号化するセキュリティ対策をされているものであれば、USBメモリを紛失したさいにもデータを容易に判読できないため情報漏えい防止に役立てることができます。 特に情報を多く取り扱う現場においては、個人情報保護の観点から、これらの対策は重要ですし、対策を行うことで情報漏えいの事故が発生したさいに最小限の被害に食い止めることができます。