価格による違い

青いランプの光るサーバー

デュプリケーターを使ってみたい

デュプリケーターとはディスクを作成できる機器の呼称です。1度に大量の作成や複製を行うことに特化し、パソコンなどの周辺機器とは独立して作業が行えます。CDやDVDの他ブルーレイディスクに対応している機種もあります。近年では、cdのみ作製できるものよりももDVDデュプリケーターでCDにも対応しているものが主流となっています。使用目的の多くは大量にディスクが必要となる映像制作会社の他、企業や団体における資料の保存や配布などです。個人でも自作した趣味の動画や音楽の保存を行う場合に適しています。デュプリケーター自体の購入価格が高価なものもあります。少量のディスク作成などで使用頻度が少ない場合や、試してみたいという時はレンタルサービスなども利用することも購入判断もできお得となります。

2万円台のものと数十万円のものでは

高品質なディスク作成を行えるデュプリケーターですが、その価格は2万円台から数十万円と幅広くあります。その違いは当然のことながら機器の付帯機能や強度や1度に作成できる枚数に関わってきます。デュプリケーターはパソコンから独立して作業を行えるという便利さがあります。作成元はパソコンで使用できる媒体から行えます。価格から見た時に2万円台のデュプリケーターは、1回に1枚作成という物が多く複製防止機能が付いていないものもあり、それらはバックアップドライブ的な役割であると言えます。金額が上になるほど、1度に10枚以上作成出来るタワー型の形状となりトレー寿命に関わる開閉回数が多く、複製防止やエラーチェック機能他ディスク作成と同時にレーベル印刷も行えるものなどがあります。